ディビット モートン

ディビット モートン(中国・四国大会)
国立大学法人徳島大学 教養教育院准教授
1969年カナダ生まれ。1988年初来日。
ブリティッシュコロンビア大学大学院東洋学部日本歴史専攻卒。
1999年から四国遍路の研究に取り掛かり、現在は、主に外国人と
四国遍路の歴史に焦点を当て研究 テーマとしている。
ガイドブックの出版や多数のテレビ・ラジオ番組の出演など,
様々な活動を通して日本だけでなく世界中に向けて四国遍路の魅力を発信する活動に従事。

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会はスポーツの祭典であると同時に文化の祭典でもあり、日本が誇る文化や伝統を世界へ発信する絶好の機会です。
文化庁は、日本の強みである多様性に富んだ文化を活かし、次世代へのレガシーを創り出す文化プログラムの周知・普及を図るため、Culture NIPPON シンポジウムを開催しています。