小笠原 歩

小笠原歩(東京大会)
カーリング オリンピアン
1978年北海道北見市常呂町生まれ。中学校1年生の時に同級生らとともにカーリングを始める。
02年ソルトレイクシティー(8位)、06年トリノ(7位)、14年ソチ(5位)と、これまで3度の五輪に出場。
ソチ五輪では日本選手団の旗手を務め開閉会式では大役を果たす。
2018年チームを離れ、今後はジュニア強化、次世代の育成に携わる。
書道師範の免許を持っている。趣味は掃除とソーセージ作り。札幌市在住。小3の息子がいる。

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会はスポーツの祭典であると同時に文化の祭典でもあり、日本が誇る文化や伝統を世界へ発信する絶好の機会です。
文化庁は、日本の強みである多様性に富んだ文化を活かし、次世代へのレガシーを創り出す文化プログラムの周知・普及を図るため、Culture NIPPON シンポジウムを開催しています。