ロバート キャンベル

ロバート キャンベル氏(京都大会)
日本文学研究者
国文学研究資料館長
東京大学名誉教授

ニューヨーク市出身。専門は江戸、明治時代、特に江戸中期から明治の漢文学、芸術、思想などに関する研究を行う。テレビでMCやニュース・コメンテーター等をつとめる一方、新聞雑誌連載、書評、ラジオ番組出演など、さまざまなメディアで活躍中。


【主な出演番組】
「スッキリ」(日本テレビ系)コメンテーター
「Face to Face」(NHK国際放送)MC他
【 主な編著 】
『ロバート キャンベルの小説家神髄 現代作家6人との対話』(NHK出版)
『Jブンガク 英語で出会い、日本語を味わう名作50』(東京大学出版会)他

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会はスポーツの祭典であると同時に文化の祭典でもあり、日本が誇る文化や伝統を世界へ発信する絶好の機会です。
文化庁は、日本の強みである多様性に富んだ文化を活かし、次世代へのレガシーを創り出す文化プログラムの周知・普及を図るため、Culture NIPPON シンポジウムを開催しています。