Tokyo 東京大会

文学が繋ぐ人と人
~2020年とその先の未来へ向かって~<東京大会>

※内容等の詳細は、当日変更となる場合がございます

ねらい
文学は読者が作者の想いや経験に触れ、読者同士がその作品について対話することにより、人々が多様な意見を育み、共感しあうことに寄与しています。
作家や編集者の視点はもとより、海外の視点や青少年の視点、スポーツ選手の視点など、様々な視点から、改めて文学や文学を中心とした文化プログラムを取り上げることにより、次の世代を担う若者に対し、文学への興味を喚起するとともに、場所や時代を超えて人々を繋ぐ文学の力を伝え、未来へのレガシーとします。
日程・会場
2019年2月9日(土)
13:00~16:15
(予定)
会場:江東公会堂 ティアラこうとう 大ホール(東京都江東区住吉2-28-36)

■オープニングアクト

大前光市氏によるダンスパフォーマンス

義足のダンサーである大前光市氏は、作品に合わせて長短様々な義足を使い工夫することで、世界にふたつとないダンススタイルを築いています。
リオ・パラリンピック閉会式ではソロを踊り世界から賞賛を浴びました。本シンポジウムにおいても迫力あるダンスパフォーマンスを披露していただきます。

■挨拶

主催者挨拶:文化庁

■基調講演

ロバート キャンベル氏(プロフィール
「人と人とを繋ぐ文学の力」

人は文学を通して作者の価値観や描かれている場所の文化を感じることができます。同じ文学を手に取った人々は作者の描く世界を共有し、それがきっかけとなり交流が生まれるなど、文学は人と人とを繋ぐ力を持っています。また、様々な言葉に翻訳されることで、言葉の壁を超え、文学を通じて異国の文化を追体験することができるなど、日本文化を伝える意味において文学が果たしてきた役割には大きなものがあります。江戸時代中期から明治時代の漢文学、芸術、思想などを専門に研究をされてきたロバート キャンベル氏に、こうした文学の力について語っていただきます。

■特別トーク

宮田亮平文化庁長官(プロフィール)×高校生ニッポン文化大使
高校生ニッポン文化大使と語る「日本文化の魅力」

文化庁及び朝日新聞社において、高校生に研修プログラムを実施し、日本文化の伝道師としてその魅力を世界に発信する、「高校生ニッポン文化大使」を任命しています。今年度、高校生ニッポン文化大使に任命された高校生5名と、宮田長官が、「日本文化の魅力」をテーマに、トークセッションを行います。

■ショートプレゼンテーション

村田沙耶香氏(プロフィール
「作者の視点から語る文学の力」

人は読書を通じて疑似体験をすることができ、異なる人の考えや感性を理解することができます。2016年「コンビニ人間」で芥川賞を受賞されるなど、日本を代表する作家である村田沙耶香氏に、これまで作家としての活動を通じて得られた、人と人との絆や出会いについて語っていただきながら、作家としての視点から文学の力について語っていただきます。

片江 佳葉子氏(プロフィール
「出版社が生み・育てる日本文学」

作家の思いが詰まった本と読者をつなぐためには、本を作る編集者の存在が欠かせません。
長きにわたり日本の文芸の一角を担ってきた(株)小学館の編集者として、読者に作家の想いを伝える手助けをしてきた片江佳葉子氏に、編集者の立場から見えてきた文学の力について語っていただきます。

小笠原歩氏(プロフィール
「スポーツと文学~本から得られた勇気~」

小笠原歩氏は、2002年ソルトレイクシティ冬季オリンピック、2006年トリノ冬季オリンピック、2014年ソチ冬季オリンピックカーリング競技女子日本代表であり、カーリング人気の先駆けとなった選手であると同時に読書家としても知られています。文学とスポーツをテーマに、どのような文学に勇気をもらいスポーツに役立ててきたのかなどについて読者の視点から語っていただきます。

■パネルディスカッション:

文学が繋ぐ人と人
~2020年とその先の未来へ向かって~

モデレーターロバート キャンベル氏
(日本文学研究者、国文学研究資料館長、東京大学名誉教授)
パネリスト宮田亮平氏(文化庁長官)
村田沙耶香氏(作家)
小笠原歩氏(カーリング選手)
鈴木るりか氏(作家)プロフィール
片江佳葉子氏(編集者)

■ご登壇者

ロバート キャンベル(東京大会)

ロバート キャンベル
(日本文学研究者、国文学研究資料館長、東京大学名誉教授)

宮田亮平氏(文化庁長官)(東京大会)

宮田 亮平
(文化庁長官)

村田沙耶香(東京大会)

村田 沙耶香
(作家)

小笠原歩(東京大会)

小笠原 歩
(カーリング オリンピアン)

鈴木るりか(東京大会)

鈴木るりか
(作家)

片江 佳葉子(東京大会)

片江 佳葉子
(編集者)

協力:株式会社小学館 株式会社図書館流通センター

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会はスポーツの祭典であると同時に文化の祭典でもあり、日本が誇る文化や伝統を世界へ発信する絶好の機会です。
文化庁は、日本の強みである多様性に富んだ文化を活かし、次世代へのレガシーを創り出す文化プログラムの周知・普及を図るため、Culture NIPPON シンポジウムを開催しています。