吉田 義人

吉田義人(東北大会)
ラグビー元日本代表・世界選抜(現一般社団法人日本スポーツ教育アカデミー理事長)
秋田県男鹿市出身。小学3年生からラグビーを始め、男鹿東中学校時代に東日本中学生大会優勝。秋田工業高、明治大学主将として共に全国優勝。19歳で日本代表入り。
世界の15人に3度選抜、オールブラックス戦でのダイビングトライは世界ラグビー史上伝説となる。伊勢丹ラグビー部キャプテン~筑波大学大学院スポーツ教育修士号取得。31歳でフランスに渡り日本人初の1部リーグプロラグビー選手となる。現役引退後、横河電機ヘッドコーチとして全勝優勝でトップリーグに昇格。社業では最年少部長に抜擢。その後明治大学ラグビー部監督就任、14年ぶり対抗戦優勝を果たす。
現在、日本スポーツ教育アカデミー理事長。2019年ラグビーワールドカップ、2020年に東京にて開催されるオリンピック・パラリンピック競技大会に向けて精力的に活動する。
7人制ラグビーチーム『サムライセブン』監督。

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会はスポーツの祭典であると同時に文化の祭典でもあり、日本が誇る文化や伝統を世界へ発信する絶好の機会です。
文化庁は、日本の強みである多様性に富んだ文化を活かし、次世代へのレガシーを創り出す文化プログラムの周知・普及を図るため、Culture NIPPON シンポジウムを開催しています。